楽天モバイル

楽天モバイルのポイント・キャンペーン内容と料金・速度の詳細

楽天スマホの気になるポイント

格安SIMや格安スマホサービスがある楽天モバイルは、MVNOの一つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。楽天モバイルの特徴はドコモと同じ回線を使っているという点で、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。楽天モバイルの契約期間中はずっと、楽天市場で買い物した額のポイントが2倍になるというキャンペーンも見逃せないです。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、楽天モバイルの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用したMVNO

格安スマートフォンの楽天モバイルは、通話の際にdocomoの回線を使用しています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、つながりやすく、しかもサービスエリアは広範囲にわたり、安心してご利用いただけます。楽天モバイルの凄さは、NTTドコモのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。もちろん新しい機種にしたいとか、楽天モバイル用になっていない機種だったとしても端末ごと楽天モバイルから買うこともできます。ドコモのスマホを所有している場合は、SIMカードの契約だけを楽天モバイルと行えば、そのままで使えるため、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

格安スマホの種類が多すぎて迷う

楽天モバイルを利用する場合対応する端末が必要になりますが、今お持ちのスマートフォンが対応端末でない場合には、スマートフォンを新しく購入することになります。そんな人のために楽天モバイルではスマホ本体もセット販売していますが、とても種類が多く、他のMVNOとは比べものになりません。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。楽天カードをお持ちでない場合、端末本体は一括で購入するしかありません。ただ、そんな楽天カードも簡単に作れるし、機種も豊富なので他のMVNOより楽天モバイルはずっといいMVNOだと思ってます。

あまったデータ容量の繰越しに対応

プランによってそれぞれ、データ容量は変わっていますが、利用可能なデータ量を使用しきれない月もある場合があります。そんな時に楽天モバイルのモバイルの場合、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、余った通信量を無駄にしないで翌月に使うことができることは、楽天モバイルの優れた点です。データ通信量を無駄なく利用できるというのは、格安スマホであっても是非利用したいサービスですね。

通話料がおトクになる、楽天でんわ

「楽天でんわ」という通常通話料より半額になるサービスがございます。IP電話と違う点は、プレフィックス型通話というサービスがあり、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。通知される番号は、もちろん、いつも使っている電話番号が相手方に通知されます。電話を受ける側からすると、普段と何の変化もないのです。これまでのIP電話だと、電話をかけると相手には「非通知」とか「050」の番号になってしまうので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。また、楽天でんわで使用した通話料も、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!

5分かけ放題オプション

docomo、au、ソフトバンクの大手3キャリアは通話し放題のプランがありますが、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。それが楽天モバイルです。月に850円を支払う事で『通話開始してから5分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、通話相手に発信元の電話番号を通知できるのは楽天電話と変わりませんし 、通常の電話と変わりなく話し放題になる点が、大きなメリットです。NifMoの通話し放題サービスでは、電話をかけた側の電話番号が表示されないことが多いと言われています。楽天でんわの場合、1分通話すると約21円ほどかかりますので、このオプションは。1カ月にトータルして43分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

初月は無料は嬉しい

SIMを楽天モバイルにおいて契約した場合、はじめの1ヶ月はタダで使えます。最初の一カ月とは、SIMカードが届いた月からの一カ月です。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。ですが、今使っているスマホについても料金や解約料の支払いなどが生じるはずですから、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。ご利用は計画的に。

楽天モバイルの回線スピードに関して

楽天モバイルのネットワークは、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。速度については、ドコモ回線と同じ回線なら、速さに関しての不安はきれいに払拭できそうです。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。MVNO・格安スマートフォンのようなサービスは今後さらに広がっていきそうです。

楽天モバイルの通信制限に関して

楽天モバイルの場合、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天の格安スマホの月額費用と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。いまのスマホ代と比較しながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んで頂ければと思います。早速、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

楽天モバイルの月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金プランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話SIMを選ばなければいけません。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

200Kbpsと低速ではあるものの、無制限に使えるベーシックプランがありますが、 それ以外のプランだと、LTEという通信速度の高速回線も使えるようになります。端末台を除いて、初期費用は一律3,240円となっております。

解約手数料

最低利用期間と違約金に関して、説明していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。一年以内に解約したい時には、解約手数料9800円取られますのでご注意ください。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

開催中のキャンペーン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)