格安スマホのデメリット

BIGLOBE SIMのキャンペーン情報をチェックしてお得な情報をゲットしよう!

BIGLOBE SIMのインターネット速度

BIGLOBE SIMの通信サービスは、ドコモの回線を使っていて、規格としては4Gです。スピードについては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、BIGLOBE SIMがもつ最大の強みの1つです。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

BIGLOBE SIMの速度制限に関して

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用する方たちが公平に使用できるために、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しておりました。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、定められた容量をオーバーした利用者には、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されていましたが、3日制限が廃止となりました!BIGLOBEの格安SIMにおいては、ビデオ通話で長電話したあとでも、3日制限を憂慮する必要はありませんので、使いたいときに使いましょう!

BIGLOBE SIMのユニークポイント

BIGLOBE LTEは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。キャリア3社からの乗り換えなら、月々のスマホ代を安く抑えることができ、大変お得です。現在、注目を集めているのは900円/月で使えるという低料金な点ですね。BIGLOBE LTEは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。BIGLOBE SIMならではのオプションサービスが、エンタメフリーとよばれるものです。エンタメフリーを活用することで、YouTube、Apple Music、Amazon Musicなどの動画や音声を、通信量を使わず無制限で楽しむことができます。ということで、BIGLOBE SIMのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、BIGLOBE SIMのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoエリアで使える格安SIM・格安スマホ

人気のBIGLOBE LTEは、ドコモ回線を利用しています。ですので、通話の品質はNTTドコモと比べてもなんら変わりはありませんし、通話エリアもとても広いので、ストレスフリーで使うことができます。BIGLOBE LTEはNTT docomoのスマホであってもSIMカードを変更することでそのまま使うことができます。BIGLOBE LTEのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。ドコモのスマホを使っている人であれば、SIMカードだけで契約することができますので、わざわざBIGLOBE LTEにするために高い機種代金を払う必要はありません。手持ちのスマホで、ドコモの回線を使用できる何とも画期的なサービス、それがBIGLOBE LTEなのです。

SIMフリースマホの機種がよりどりみどり

BIGLOBE LTE非対応のスマホだった場合、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEのサイトを見ると販売されている端末は、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。もちろん、スマホだけではなくタブレットの種類も豊富なので購入する側はじっくり選ぶことが出来ます。

データ通信料のくりこし

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。しかしBIGLOBE LTEの場合なら、残りのデータ容量を翌月に持ち越すことが可能なのです。MVNOの中には、残ったデータ容量を翌月に繰り越せないものもあるので、繰越し対応というのが、BIGLOBE LTEも大きな魅力のひとつと言えます。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話料が半額になると話題のBIGLOBEでんわ

今話題の「BIGLOBEでんわ」は通常の通話料金が「半額!」になるサービスです。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。相手から見れば、普段通りの電話ということになります。IP電話といえば、非通知で表示されたり、050から始まる番号が出たりするため、少し不便に感じると思いますが、BIGLOBEでんわはそのようなことがないので使いやすいです。これだけじゃありません。

3分かけ放題

au・docomo・softbankといった大手キャリアには通話し放題のプランがありますが、一般的にMVNOでは、通話し放題のサービスには対応していないのです。MVNOは使いたいけれど、通話をすることが多いから通話料が高くなるのでは?と、MVNOを諦めていた方に朗報です。BIGLOBE LTEが提供する3分かけ放題は、月額650円で国内の通話が3分以内なら何度でもかけ放題となるサービスです。この新しいサービスである「3分かけ放題」は、普通の電話回線を使うようになっていますので、BIGLOBEでんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、いつも通りの電話と変わらずにかけ放題になるのが最大のウリでしょう。BIGLOBEでんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、月に一時間近い通話をしている方にはとても良いですね。

最大60分の通話が無料!「通話パック60」とは?

BIGLOBE SIMには、月額650円で3分かけ放題と同じ料金で別に、『通話パック60』というオプションプランも用意されています。これは毎月650円を支払うことで、なんと1200円分の通話を無料で使うことができるというサービスです。3分も通話する機会がほとんどない方にとっては、3分かけ放題が適してしますが、時どき3分以上の長電話もするという人には、通話パック60の方が圧倒的に使い勝手が良いです。あなたのスタイルに合った通話オプションを選択すれば、格安スマホはさらに便利になりますね。

初月は料金が無料に!

BIGLOBE LTEでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。現在利用しているキャリアの縛り期間や解約手数料の支払い義務もからんできますので 、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。

BIGLOBEの格安スマホの料金プラン

格安スマホのBIGLOBE SIMの料金プランを詳しくご案内していきます。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、どの程度コストを削減できるか考えてみてください。では、料金プランを見ていきましょう。

BIGLOBE SIMの料金プランまとめ

BIGLOBE LTEの月額費用は、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。通話SIMの月額プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは、低速通信使い放題が使用できるプランで、それ以外のプランは、LTEの高速回線が使える262.5Mbpsのプランになっています。BIGLOBE LTEで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

BIGLOBE LTEの解約手数料

解約違約金に関して、ご紹介していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、手数料が8,000円かかるので要注意です。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

【期間限定】キャンペーン詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)